複数のカードを持つ場合の注意点

複数のカードを持つことによるメリットは大きいのですが、
注意しなくてはならない問題もあります。

年会費が無料のクレジットカードばかりであればいいのですが、
ゴールドカードなどで年会費が必要になるものを何枚も持っていると
年会費の負担も結構大きくなってきます。

ゴールドカードならではのサービス特典・ステータス性と年会費の負担、
どちらを優先させるか検討する必要があります。

海外旅行保険の補償額を増額する目的で複数のカードを持つ場合には次の二点に注意しましょう。

ひとつめは異なるクレジットカード会社でカードを作ることです。
カード会社が同じだと補償額が合算されません。

二つめの注意点は海外旅行保険が自動付帯のカードを選ぶようにすることです。
利用付帯のカードの場合、旅行費用をそのカードで支払わないと保険が有効になりません。
保険が使えないわけではありませんが、
何の手続きもせずより簡単に保険が有効になる自動付帯をおすすめします。

目的で探す 海外旅行保険カード

  • 年会費無料
  • 自動付帯
  • ポイント還元率
  • 学生向け
  • 即日発行
  • ゴールドカード
  • 家族特約
  • マイル高還元

おすすめビジネスローン
永年年会費無料、ショッピング
利用で Oki Dokiポイント2倍!
JCB EIT
  • 保証金額 比較一覧
  • カード付帯保険の活用法
  • 保険以外のカード所有のメリット
  • 海外保険の申請方法と手順
  • 付帯保険のQ&A

総合ランキング

目的

海外旅行でのトラブル

クレジットカードの海外旅行傷害保険

クレジットカードを選ぶ

海外旅行にもJCBEIT

ブランド別

発行会社別

リンク集

注目の情報

関連リンク集